MT4 時間足とスケールをショートカットキーで切替えるインジケーター(Mi_TSChange)

チャートの時間足(タイムフレーム)変更とチャートのスケール(拡大・縮小)をキーボードのショートカットキーで行えるインジケーターを作りました。

トレード中に時間足などを頻繁に切り替える人には便利なインジケーターだと思います。

ダウンロードできるので良かったらどうぞ。

2020年4月21日バージョンアップ(v07)

設定で時間足とスケールを他チャートへ同期させることができるようになりました。複数のチャートを一括で切り替えたい場合にどうぞ。また、合わせて設定項目の見直しを行いました。

どんなインジケーター?

このインジケーターは、ショートカットキーでチャートの時間足やスケールを切り替えるインジケーターです。動作の様子がサクッとわかる43秒の動画にしました(↓)。

↑このようにキー入力でチャートの時間軸やスケールが変わります。動作もサクサクです。

特徴:サックサクで効率アップ

昨今のFXトレードはマルチタイムフレーム分析が常識ですので、必然的にチャートの時間足を切替える機会は多くなります。しかしMT4の時間足変更やスケール変更は、いちいちメニューバーにあるボタンを押さなくてはならないためとても面倒です。このインジケーターを使えば、ショートカットキーで時間足やスケールを切替えられるので、チャート分析の手間やストレスを小さくすることができます。細かい使用感にもこだわってありますので、直感的で気持ちいいインジに仕上がっています。

タイムフレームのアイコンが表示されるのでわかりやすい状態

↑ショートカットキーを押すとチャートにアイコンを表示します。自分がどの時間足を見ているのかぱっと見でわかります。このアイコンはチャート内に表示されるので、上部のメニューバーを見るよりも視線移動が少なくて済むこともメリットです。

他チャートへの同期

また、バージョンv07からは、他チャートへの同期機能により複数チャートをまとめて切り替えることができるようになりました。

機能説明

機能を順に説明します。

1.ショートカットキー

チャートのタイムフレーム変更とスケール変更をショートカットキーに登録できます。

機能 キー
上位のタイムフレームへ
下位のタイムフレームへ
スケール拡大
スケール縮小

使用するキーはインジケーターの設定からお好みのキーに変更できます。

2.アイコン

ショートカットキーを押すとアイコンが出現します。表示場所やサイズなどを設定することができます。

アイコンサイズは大中小から選択可能

↑サイズは大・中・小の3つのサイズから選択できます。

アイコンはタテまたはヨコに並べられます

↑アイコンの並びはタテ・ヨコから指定できます。デフォルトはキーボードの矢印キーの配置に合わせて、タイムフレームをヨコ並び、スケールをタテ並びにしてあります。

3.他チャートへの同期(一括切り替え)

他のチャートへ、時間足とスケールを同期させることができます。(バージョンv07にて追加)

↑同期の様子の動画です(23秒)。まとめてたくさんのチャートを切替えられるので、複数の通貨ペアを監視している場合などに便利です。

設定項目

設定項目は以下の通りです。

設定パラメーター

時間足切替えが異常に重い場合

時間足の切り替え時にMT4の動作が異常に遅くなったりフリーズしたりする場合は、他のインジケーター等との干渉の可能性があります。その場合には、本インジケーターの設定ウィンドウの「全般」タブにある「DLLの使用を許可する」にチェックを入れていただくと干渉を回避するロジックに切り替わります。なお、Mi_LineTraderと併用する場合にもDLLのチェックを入れてご使用下さい。

ダウンロード

このインジケーターは下記から入手できます。

Trial

Mi_TSChange【試用版】
試用版はUSDJPYで使えます(無料)

ただいま準備中です。

Standard

Mi_TSChange【標準版】
標準版は通貨ペアの制限なし(ゴゴジャンで販売中)

ゴゴジャンで見るショートカットキーでチャートの時間足とスケールを切替えるインジケーター | GogoJungle

インジケータのインストール方法が分からない人は「MT4にインジケーターを入れる方法(初心者向け)」を参照してください。

バージョンアップ履歴

更新日 Ver. 概要
2020年4月21日 v07 他チャートへの同期機能を追加
設定パラメーターを一部削減
2020年2月24日 v06 アイコンのツールチップを非表示に変更(小改良)
2019年9月9日 v05 チャートの時間足変更の処理にサブロジックを追加
2019年8月14日 v04 アイコンの表示位置を選択できるように改良
指定した秒数が経過するとアイコンが自動で消えるように改良
2019年6月23日 v03 名称変更(Mi_TimeScaleChangeからMi_TSChangeへ)
2019年6月23日 v02 コードの整理
2019年6月4日 v01 リリース

まとめ

タイムフレームとスケールをショートカットキーで切替えるインジケーターの紹介でした。

私は1つの通貨ペアにつき1枚のチャートでトレードしているため、マルチタイムフレーム分析をする際にはチャートの時間軸を頻繁に変更します。このインジでチャート切替えのストレスがかなり削減されました。

ぜひ一度お試しください。

コメント

この記事へのコメント(5 件)

  • 匿名さんより

    痒い所に手が届ような素晴らしいインジケータですね。
    試しに使った結果、欲を言うと標準の時間足の種類(M1~MNの9種類)を任意の時間足の種類(M5、M30、4Hの3種類等)に変更できるとより良いなと感じました。
    M30~4H等離れた時間足へ一瞬に変更したいですね!

  • 管理人ですさんより

    匿名さんへ
    Mi_TSChangeへのご意見ありがとうございます。
    実は、時間足のスキップは前に検討したことがあります。その時は、チャートのどのあたりを見ていたのか分からなくなってしまうという印象があったので実装を見合わせました。
    もう一度気持ちをフラットにして改めて検討してみますね。

  • Mi_TSChangeへ意見をした匿名さんより

    管理人さんへ
    チャートのどのあたりを見ていたのか分からなくなるのはあるあるですね(笑)私はいつも対策としてチャートを見ている部分は印をつけて常に分かるようにしています。トレードスタイルによってチャートの見れる時間足の種類を固定できたら迷いが減って良いなと考えていました。恐縮ですが改めての検討ありがとうございます。

  • みらいさんより

    管理人さんへ
    こういうインジ探してました。いちいちマウスを上にもって行っての切り替えを5通貨とかするとそれだけでイライラします
    他チャートへの同期は神アプデですわ。ちゃんと同期のON・OFFもありますし文句なしです。これからも色々なお役立ちツール期待しております

  • 管理人ですさんより

    みらいさんへ
    コメントありがとうございます。
    切り替えのために毎度マウスを上に移動するのは面倒ですよね。すごく分かります。あまりに面倒すぎたのでこのインジを作りました。
    お役に立てば幸いです。