MT4 ラインの表示時間足を自動でセットするインジケーター(Mi_VTSelector)

ラインの表示時間足を自動でセットするインジケータを作りました。主に、下位時間足で引いたラインを上位足では自動で非表示にするために作ったインジケーターです。

下位足で引いたラインがごちゃごちゃになっていませんか?

1枚のチャートでマルチタイムフレーム分析する場合によくありがちなのですが、下位足で引いたラインが上位足で邪魔になることがあります。

例えばデイトレードをしている時を思い浮かべてみてください。5分足や15分足でいろいろラインを引いた後に、

「そういえば日足はどうなってるかな?」

と思って日足チャートに切替えてみると、、、ひどいありさまです(下図)。

下位時間足のラインを表示したチャート

↑下位時間足(分足チャート)で引いたラインがごっちゃごちゃ。ラインに埋もれてローソクも見にくいし、どのラインが重要なのかさっぱり分からなくなってしまいます。

誰でも一度は似たような経験があるのではないでしょうか。

ラインなどのオブジェクトは表示する時間足を指定できる

MT4ではラインなどのオブジェクトはプロパティで表示する時間足を指定できます

ラインの表示時間足のプロパティ

←オブジェクトのプロパティの「表示選択」タブの中に表示時間足を指定するチェックボックスがあります。デフォルトは「全ての時間足に表示」にチェックが入っています。

↑意外と気付かなかったり、忘れられてしまっている機能です。このチェックボックスにチェックを入れれば上位足でラインがごちゃごちゃになる問題は解決ですね!

でも「いちいちライン一本一本にそんな設定してられない。」というのが本音です。というわけで作ったのが、表示時間足を自動でセットするインジケーター(Mi_VTSelector)です。

Mi_VTSelectorは表示時間足を自動でセットします

Mi_VTSelectorは、ライン生成時にそのラインの表示時間足を自動でセットします。基本的にはラインを生成した時間足以下の時間足でラインを表示するようにセットしますが、細かなルールは設定パラメータにてカスタマイズすることもできます。

ラインの表示時間足を自動でセット

↑上図は4時間足チャートでラインを引いた時の例。4時間足以下の時間足には自動でチェックで入り、日足以上の上位足は未チェックで非表示となります。

ラインを引くたびにこの表示時間足の設定を自動で行います。もう上位足にチャートを切替えたときにラインがごちゃごちゃになる心配はありません!

対象オブジェクト

Mi_VTSelectorは以下のオブジェクトを対象としています。

  • 垂直線
  • 水平線
  • トレンドライン
  • 線形回帰チャネル
  • 平行チャネル
  • 標準偏差チャネル
  • フィボナッチ・リトレースメント
  • 長方形
  • 矢印類

↑チャート分析でよく使うオブジェクトはおおよそ含まれています。

設定項目

設定項目は以下の通りです。ルールを微調整できるようにパラメータをずらっと用意していますが、ほとんどの場合はデフォルト設定のまま何も変更しなくても使えます。デフォルトはラインを生成した時間足以下で表示するルールにしてあります。

Mi_VTSelectorの設定パラメータ

↑パラメーターがいっぱいあって「うわ~」となりそうですが、デフォルトのままで使えますよ。

ダウンロード

このインジケーターは下記から入手できます。

Trial

Mi_VTSelector【試用版】
試用版はUSDJPYで使えます(無料)

ダウンロード

Standard

Mi_VTSelector【標準版】
標準版は通貨ペアの制限なし(ゴゴジャンで販売中)

ゴゴジャンで見るラインを引くと(ラインを引いた時間足ごとに)表示する時間足を自動でセットします。 | GogoJungle

インジケータのインストール方法が分からない人は「MT4にインジケーターを入れる方法(初心者向け)」を参照してください。

バージョンアップ履歴

更新日 Ver. 概要
2021年5月4日 v01 リリース

まとめ

ラインなどのオブジェクトの表示時間足を自動でセットするインジケーター(Mi_VTSelector)を紹介しました。

ちなみに、VTはVisible Timeframesの頭文字から取っています。

1枚のチャートでマルチタイムフレーム分析しながらトレードする方は一度お試し下さい。

コメント

この記事へのコメント(0 件)