MT4 トレード履歴をCSVファイルに出力するインジケーター(Mi_HistoryToCSV)

MT4のトレード履歴(口座履歴)をCSVファイルにエクスポートするインジケーター(Mi_HistoryToCSV)を作成しました。

トレードの分析に使いやすいように、獲得pips数などの便利項目をいくつか追加してあります。

どんなインジケーター?

このインジケーターは、チャートにセットしてショートカットキー(Cキー)を押すとトレード履歴をCSVファイルに出力します。

トレード履歴をCSVに出力

上図の「口座履歴」の項目以外にも、マジックナンバーや獲得pips数などの便利項目も追加してcsvに出力します。

トレード履歴を分析しよう!

トレードの振り返りは大事だとよく聞きますよね。私もそう思います。

振り返り方は人によって様々ですが、例えば以前の記事『自分のトレードの振り返り方(傾向分析・改善方法)』で私が紹介したような方法の場合、まずは、振り返りのための元データを準備する必要があります。

その元データとして、MT4標準の「レポート」を使うことができなくもないのですが、セルが結合されていたり妙なスペースがあったりで使い勝手はいまいちです。

そこで作ったのが本インジケーター(Mi_HistoryToCSV)です。

チャートにインジをセットしてショートカットキーを押すと、分析しやすいcsv形式でトレード履歴を出力します。

出力されるCSVファイルについて

ファイルの内容

出力されるcsvファイルの中身は↓下表のようになっています。

CSV項目名 MT4項目名 補足
Serial 追加項目 連番
OrderNumber 注文番号
OpenTime 時間 エントリー日時
OrderType 取引種別
Lot 数量 ロット数
Symbol 通貨ペア
OpenPrice 価格 エントリー価格
SL 決済逆指値(S/L)
TP 決済指値(T/P)
CloseTime 時間 決済日時
ClosePrice 価格 決済価格
Commission 手数料
Swap スワップ
Profit 損益
Comment コメント
Magic 追加項目 マジックナンバー
Pips 追加項目 獲得Pips数(FX用です。CFD等では使えません。)
Points 追加項目 獲得Point数

表中の【追加項目】は、MT4の口座履歴タブにはもともと存在しない項目で、本インジケーターが独自に付け足している項目です。

ファイルの保存場所

csvファイルは、MT4メニュー「データフォルダを開く」→「MQL4」→「Files」→「hist」フォルダに保存されます。(histは変更可)

設定パラメータ

設定パラメータは下図の通りです。区切り文字にはカンマ以外にもセミコロンやタブが指定できます。

設定パラメータ

  • 保存先フォルダが存在しない場合は自動でフォルダが生成されます。
  • コメント欄にカンマが混じっていて出力内容が崩れる場合は、区切り文字をセミコロンかタブに変更してください。
  • 出力条件でbuyとsellの履歴のみ出力させることもできます。
  • ダウンロード

    このインジケーターは下記からダウンロードできます。

    名称 概要 ダウンロード
    Mi_HistoryToCSV トレード履歴をCSVファイルに出力するインジケーター DL

    バージョンアップ履歴

    更新日 Ver. 概要
    2021年3月17日 v01 リリース

    インジケータのインストール方法が分からない人は「MT4にインジケーターを入れる方法(初心者向け)」を参照してください。

    まとめ

    トレード履歴をCSVファイルに出力するインジケーターの紹介でした。

    使いたい方がいたらどうぞ。

コメント

この記事へのコメント(0 件)