[MT4] 時間足ごとにラインの色を自動で変更するインジケーター

時間足ごとにラインの色やラインのスタイル(実線や点線など)を決めておくと、チャートが整理されて見やすくなります。

例えば日足で引いたラインは青色、1時間足は赤色、5分足は点線、とかそんな具合です。実際にそうやってチャートをきれいに整理している人も多いのではないでしょうか。でも毎回手作業で色を変えるのは正直しんどいですよね。

この記事では、そんな場合に使える自作インジケーターを紹介します。

このインジケーターは時間足ごとにラインの色を自動で変更します。色だけでなくラインのスタイルや太さにも対応しています。私自身がトレードするのに必要だったので作りました。他の人にもわりとニーズがあるインジじゃないかなと思います。

どんなインジケーター?

このインジケーターはラインの色などを時間足ごとにあらかじめ設定したスタイルに矯正するインジケーターです。

インジケーターの概要

↑左はインジケーターを使わずにラインを引いた場合のチャート。右はこのインジケーターを使ってラインを引いた場合のチャートです。右図の様にラインを引くと自動で時間足ごとに設定したスタイルに強制的に変更します。

メリット:ラインの見た目に規則性が生まれる

1枚のチャートで時間足を切替えながら相場分析をしていると、いつの間にかチャートがラインだらけ。色や太さも適当で、どの時間足のラインなのかさっぱりわからない。そんなことってありませんか?

かといって、時間足ごとにラインの色を手動で変えるのは面倒です。

そんな場合には、このインジケーターが役に立つと思います。チャートの時間足を判別して、ラインの色などを時間足ごとに自動で変更してくれます。

いちいちラインの色を手動で変えなくても、チャートの見た目に一定の規則が生まれます。

インジケーターの使用例

↑使用時の例です。ラインの見た目に設定が反映されるので、どの時間足のラインなのかすぐに判別することができます。

機能

このインジケーターはラインを新規生成したときに、時間足ごとにあらかじめ設定したスタイルに変更します。

対象のライン

対象となるラインは、以下の2種類です。

  • 水平線
  • トレンドライン

基本的に全ての水平線・トレンドラインが対象となります。他のインジケーターで引いたラインなどでスタイルを変更したくない場合は、インジケーターの設定項目の「除外するオブジェクト名」にライン名(一部で可)を記入するとスタイル変更の対象外となります。

デフォルトでMi_Gridで引いたラウンドナンバーの水平線を除外しています。

設定できるスタイル

設定できるスタイルは以下の3つです。水平線とトレンドラインにそれぞれ設定可能です。

  • ラインの色
  • ラインの太さ
  • ラインのスタイル

使い方

使い方を説明します。最初にインジケーターの設定をするだけです。

  1. インジケーターの設定項目にて、時間足ごとにラインの色・太さ・スタイルを設定してください。
  2. 設定後は普段通りに水平線やトレンドラインを引けばOKです。1で設定したスタイルが自動で適用されます。

スタイルが適用されるのは新規にラインを引いた時の1回だけです。個別にラインの色などを変えたい場合は、スタイル反映後に手動で変更してください。

また、スタイル適用まで1秒弱のタイムラグがあります。スタイル適用よりも早く次のラインを引くとスタイルが反映されないこともあります。

設定項目

設定項目は以下の通りです。デフォルトは全てGreenの実線になっていますので、ご自身のチャートに合わせて色やスタイルを変更してください。

インジケーター設定項目

↑ちょっと項目が多くて引きますかね?でも設定が必要なのはほぼ色だけなので、思ったより面倒ではないと思います。

ダウンロード

このインジケーターは下記から入手できます。

Mi_LineStyle【試用版】

試用版はUSDJPYでのみ使うことができます。

ここからダウンロードできます。(無料)

ダウンロード

Mi_LineStyle【標準版】

標準版は通貨ペアの制限なく使うことができます。

ゴゴジャンにて販売中です。

ゴゴジャンで見る時間足ごとにラインの色やスタイルを自動で変更するインジケーター?|?fx-on.com

インジケータのインストール方法が分からない人は「[MT4] MT4にインジケーターを入れる方法(初心者向け)」を参照してください。

バージョンアップ履歴

更新日 Ver. 概要
2019年6月23日 v02 コードの整理
2019年6月15日 v01 リリース

まとめ

時間足ごとにラインの色やスタイルを変えるインジケーターの紹介でした。

私は1枚のチャートでマルチタイムフレーム分析をするので、必要に迫られてこのインジを作りました。チャートが整理されるのでなかなかおすすめです。良かったら試してみてください。

コメント

この記事へのコメント(6 件)

  • kaiさんより

    はじめまして。
    とても分かりやすいサイトで参考にさせて頂いております。m(__)m
    このMi_LineStyle_v01をDLしたかったのですが、現在できないようです。 もし宜しければお返事お願いいたします。

  • 管理人ですさんより

    kaiさんへ
    コメントありがとうございます。記事を書いた後でファイルを上げようと思っていたのに、書き終えた達成感ですっかり忘れてしまっていました。ペコリ。今はダウンロードできる状態になっていますのでどうぞ。

  • 匿名さんより

    ありがとうございます!
    ダウンロードできました。
    上手に使いこなせるようになりたいです。
    感謝です。

  • 管理人ですさんより

    匿名さんへ
    どうぞ使いこなしてやってください!

  • ソウさんより

    Mi_LineStyle【試用版】はWindows7では動作しないのでしょうか?
    動作確認できたらMi_LineStyle【標準版】を購入しようと思っていたのですが...、
    もし、Mi_LineStyle【標準版】を購入して動作しなかった場合は返金できますか?

  • 管理人ですさんより

    ソウさんへ
    ご質問ありがとうございます。
    Mi_LineStyle【試用版】はWindows7でも動作するように作ってあります。もし動作しないのであれば下記の2つの要因が考えられますのでご確認ください。

    【①対象通貨ではない】Mi_LineStyle【試用版】はドル円(USDJPY)以外のチャートでは使用できないように制限がかかっています。ドル円のチャートで動作するかお試しください。
    【②他のインジやEAの干渉】他のインジケーターやEAが干渉しているかもしれません。いったんチャートを全て閉じてから、新規にチャートを開いてMi_LineStyle【試用版】だけをチャートに適用して動作するかお試しください。

    なお【試用版】と【標準版】の違いは通貨ペアの制限のみで、動作自体は同じです。ですので【試用版】が動作しないPC環境では【標準版】も動作しないとお考えください。ご購入後の返金はできませんので、まずは【試用版】にて動作をお確かめくださいますようお願いいたします。