MT4 MAの期間や時間足をサクサク切替えるインジケーター

移動平均線(MA)は、マルチタイムフレーム分析や数多くのトレード手法で使用されます。

出番の多い指標であるがゆえに、それぞれの手法に応じて適切な移動平均線のパラメータも様々です。それら全てに対応しようとするとチャート上は移動平均線だらけになってしまいます。かといって何度もインジケーターを差し替えるのも面倒です。

ということで、移動平均線のパラメーター(時間足・期間)を簡単に切り替えられるインジケーター『Mi_MAChanger』を作りました。

2019年11月13日バージョンアップ(v04)

本インジをバージョンアップ(v04)しました。MAのリセット機能(ボタン)追加、現在レートとMAの上下関係を示す矢印の追加などの機能改良を実施しました。

どんなインジケーター?

このインジケーターは、移動平均線の時間足や期間を簡単に切り替えられます。

Mi_MAChangerの動作概要

↑使用時の例です。下の方にあるパネルで移動平均線の設定を簡単に変更できます。

機能

このインジケーターは、MAを使ったチャート分析に便利な以下の機能を備えています。

①ワンクリックで表示/非表示を切り替え

ワンクリックで移動平均線の表示/非表示を切り替えることができます。

移動平均線の表示/非表示をワンクリックで切替え

↑表示/非表示を切り替えた様子。右下に表示されているラベルの■の部分をクリックするとON/OFF切り替えができます。

②MAの時間足をカンタン切り替え

どの時間足の移動平均線を表示させるかをワンクリックで切り替えることができます。

移動平均線の時間足を簡単に変更できる

↑パネル上段の時間足のボタンを押すと移動平均線の時間足が切り替わります。例えば5分足チャートを見ている時に「1時間足チャートの50期間はどうなってるかな?」と気になったら、チャートを切替える必要なく移動平均線の時間足だけを切り替えることができます。

③MAの期間をカンタン切り替え

移動平均線の期間も簡単に変更できます。

移動平均線の期間を簡単に変更可能

↑パネルの下段では、移動平均線の期間を変更できます。その時の相場の動きのリズムに合わせて、移動平均線の期間を簡単に調節することができます。例えば上は58期間の図。期間を簡単に切り替えられるので、相場のリズムやエントリーのタイミングにより正確に気付くことができます。

④いつでもリセット

バージョンアップ(v04)にて追加。リセットボタンでMAの時間足と期間をリセットします。

MAのリセット機能

↑MAの時間足や期間をいろいろ変更しても、リセットボタン一発で初期値(設定パラメーターで指定)に戻せます。

⑤現在レートとMAの上下関係を矢印で表示

バージョンアップ(v04)にて追加。現在レートがMAより上にあるか、下にあるかを矢印で表示します。

現在レートとMAの位置関係を矢印で表示

↑相場が強気なのか弱気なのかの目安にしたり、矢印の変化でエントリータイミングを取ったりなどに使えます。

補足:複数表示もできます。

Mi_MAChangerをチャートに複数適用すれば、複数本の移動平均線を表示できます。

複数の移動平均線表示も可能

↑3本適用した時の例です。最大で10個まで同じチャートに適用できます。時間足を変えた移動平均線を何本か表示させてマルチタイムフレーム的なチャート分析ができます。また、トレード手法をいくつも持っている人は、Mi_MAChangerを必要なだけセットしておいて、手法ごとに表示/非表示を切り替えるという使い方もできます。

複数使用時の注意

複数使用時は、設定パラメーターにある「ラインID」をそれぞれ異なる番号にしてください。複数使用時のインジ同士の干渉防止のためです。番号はダブりさえしなければ適当な値でOKです。

設定項目

設定項目は以下の通りです。ラインの色やスタイルはチャートに合わせて変更ください。また同じチャートでMi_MAChangerを複数使用する場合は、「ラインID」をダブらない値にしてください。

Mi_MAChangerの設定項目

ダウンロード

このインジケーターは下記から入手できます。

Mi_MAChanger【試用版】

試用版はEURUSDでのみ使うことができます。

ここからダウンロードできます。(無料)

ダウンロード

Mi_MAChanger【標準版】

標準版は通貨ペアの制限なく使うことができます。

ゴゴジャンにて販売中です。

ゴゴジャンで見るMA(移動平均線)の時間足や期間をかんたんに切り替えられるインジケーター | GogoJungle

インジケータのインストール方法が分からない人は「[MT4] MT4にインジケーターを入れる方法(初心者向け)」を参照してください。

バージョンアップ履歴

更新日 Ver. 概要
2019年11月13日 v04 MAのリセット機能(ボタン)を追加
現在レートとMAの上下関係を示す矢印を追加
ラベル表示位置に「左上」「左下」を追加
設定パラメータに初期値などを追加
2019年11月2日 v03 マウスオーバー時にツールチップが表示されない不具合を修正
チャート切替え時にMAの表示/非表示状態が保持されない不具合を修正
2019年11月1日 v02 移動平均線の種類を2種類から4種類(SMA、EMA、MMA、WMA)に変更
ボタンの配置を微調整
2019年10月22日 v01 リリース

まとめ

パラメーター変更が簡単にできる移動平均線のインジケーターを紹介しました。

移動平均線のパラメーターをその時の相場に合わせて柔軟に変えると、トレードチャンスが見つかることも多いですよ。

例えばグランビルの法則を使うときは、移動平均線の期間の設定がすごく重要です。下記の記事で説明していますので合わせてお読みください。

コメント

この記事へのコメント(0 件)